ときどき絵日記

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 紅葉の京都御所 コッカーオフ会開催予告 11/19(sun) | main | 紅葉の京都御所 コッカーオフ会開催 11/19(sun) >>

ハロウィーン



今日はハロウィーン。
と言っても、キリスト教徒じゃない僕にとっては関係無いことですが。
今では日本でもお祭りとしてのハロウィーンが定着してきて、この時期にはお店などもハロウィーンの飾り付けが当たり前のようになっていますが、今から18年前にニューヨークへ撮影に行ってた時の出来事、その当時も映画などでハロウィーンの事は知っていたのですが、ニューヨークでのハロウィーンの日は、また別の意味がある日だったのです。

NY在住の知り合いに、夜になったらクリストファーSt.に行ってみたら面白いよって事で出掛けたのですが、ここはゲイやホモの街なのです。そして10月31日はゲイやホモ、バイセクシュアルの人の開放を訴える日だったのです。今でこそ日本でもニューハーフとか性同一性障害など、一般的にも認められてきていますが、18年前は日本ではカルーセルマキ位しかオカマちゃんは知らない時代です。

興味津々で地下鉄のクリストファーSt.を降りて階段を上がってビックリ、しょっぱなから男同士でのディープキッスを見てしまったのです。(@_@)
その後もストリートに出たら、女装してるオッサンや男同士で手を繋いでるカップル。ちょっとしたカルチャーショックでした。



ラウールには関係無い話でしたが、まぁラウールもオカマちゃんと言うことで、、、



お昼前に家の近くの郵便局へ行った時、偶然にリロイママに会いました。そう言えば宝ヶ池も長い事行ってないなぁって思って、今日の夕方の散歩は宝ヶ池に行く事にしました。池の周りを散歩しだすと後ろからラウールを呼ぶ声が。ちょうどリロイ君が散歩に来た所でした。初めて会うコーギーのジェリーちゃんも一緒です。3匹で池の周りを半周した所で今度はドーリー君、モーツアルト君に会いました。みんなに「久しぶりやねぇ」って声掛けられます。その後はなちゃんにも会って、いつものメンバーでドックラン広場に向かいました。ここでもラウールは相変らず、他のワンちゃんのボールを取っては中々放しませんでした。


■今日の散歩で出会ったワンちゃんの写真を見る

カルシウムハウスに行って、横にオカマちゃんが座っても緊張してしまうラウぱぱです。今日もポチッと1クリックの応援をお願いしますネ。
このblogは人気blogランキングに参加しています。左のバナーを1日1回クリックして、ラウールを応援して下さい。



散歩 宝ヶ池周辺 | permalink | comments(4) | - | pookmark |

この記事に対するコメント

へぇ〜へぇ〜へぇ〜 30へぇ獲得しました
よぉ〜\(^O^)/
10月31日にはそんな意味もあるんですね〜
ハロウィンで街は盛り上がってるのかし?
ワタシには、ちとピンとこないお祭りです
意味も分からなくワイワイやってる人のがい多いのかなぁ〜(笑)
ワタシはクリスマスに、あえて寿司を食べにいった人ですからぁ〜 げへへ
でもクリスマスはスキですよ〜
o(^o^)o ワクワクするから  
あ。。。一人ですけど  何か?(笑)

モーツアルト君のお目目と顔の色のコントラストがかわいいですね〜(^з^)-☆チュ
モッピ〜 | 2006/10/31 10:04 PM
モッピ〜しゃん、こんばんわ。
テレビとかじゃなく、生で男同士がディープキッスしてるのを目の当たりにすると、ちょっとビックリするよ。(^^ゞ
日本人にはハロウィーンもクリスマスもただのお祭りじゃないかなぁ。騒げば良いんじゃないのかな。

クリスマスまでまだ1ヵ月半あるよ、頑張れ!
ラウぱぱ | 2006/11/01 12:21 AM
「カルシウムハウス・・・」のコメントに、爆笑いや失笑(^^;)

うちのダンナは、大好きですよ、あの方達。ただ、毒を吐きますが・・・(ダンナが)

185cmぐらい身長のある友人は、
NYに行った時、初めて「身の危険(男の貞操)」を感じて、女の人の気持ちが分かったと言ってました。
「あいつら大きいもん。あんなのに押えつけられたら抵抗できん」っと。

世界は大きい・・・(?)
july | 2006/11/01 5:08 PM
julyさん、こんばんわ。
オカマちゃんと言っても、そこら辺の女の子よりも可愛い子が居ますからねぇ。(^^ゞ
梶子ママとは何回か仕事をさして貰ってて、家の長男は中学の時にオカマちゃんと記念撮影した事があります。
ラウぱぱ | 2006/11/01 10:41 PM
コメントする